退院に同行しました。(在宅緩和ケアの一例)

ネット外来予約

ブログ

退院に同行しました。(在宅緩和ケアの一例)

2020/07/22

 約2か月前に、ある患者さまの退院に同行しました。

患者さまの状態

 大阪府内の病院に入院しておられた70代の男性の方でした。
 癌の末期の方で、残された寿命が1〜2週間ぐらいと予想されていたそうです。

状態は良くないが家に帰りたい。

 この方が、最後は家で過ごしたいと強く希望されました。
 病状はあまり良くなく、血圧は 80 前後、SpO2(経皮的酸素飽和度)は 90-92% ぐらいの方でした。
 状態が不安定ということで、普通は退院をあきらめてしまうような状況だったのですが、患者さまのご希望が強く、ご家族にも、本人の願いをかなえたいという気持ちがありました。

同行依頼

 病院から家に退院するにあたり、その移動中に血圧が下がるなど、危険があると考えられたため、私に同行の依頼がありました。

無事に家に帰ってこれました。

 移動の当日も、血圧も SpO2 もあまり良くはありませんでした。

 でも退院を決行することとなりました。
 予定通り、私が同行しました。
 大阪府内の自宅まで、約30分の所要時間でした。
 ストレッチャーで臥位のまま移動しました。
 幸い、移動中何も問題は起こらず、無事にご自宅に到着しました。
 車から降りて、何人かで布担架を使って、2階の患者さまのお部屋まで担ぎ上げました。

家には、人を元気にする力がある。

 癌の末期の方でも、退院して、家に帰ってくると元気になられる方が多いように思います。

 この方も、退院される直前はぐったりしていて、ほとんど話もされないような状態だったのですが、家に帰ってきてみると、数日はご家族や近所の人とけっこうお話をされていたようです。
 家には、その人を元気にする力があるのかなと感じてしまいます。
 ふだんの生活をすることが、その人を元気にするということなのかも知れません。

最期まで家で

 退院後は、私たちが訪問診療・往診を担当しました。
 各種の薬を使ったりして、痛みや息苦しさを和らげるようにしました。
 徐々に体は弱っていって、結局、この方は退院のちょうど2週間後に息を引き取られました。
 穏やかな最期だったそうです。
 最期まで家で過ごせて、ご家族は喜んでおられました。
 きっとご本人も喜んでおられたんだと思います。

 

思い切って家に帰ってみませんか。

 現在入院中の方で、退院して、家で療養を続けたいと思っておられる方はおられませんか。
 危険や心配なことがあるかも知れませんが、思い切って家に帰ってみませんか。
 相談にのらせていただくことはできますし、当クリニックから 16km 以内の方であれば、具体的なお手伝いをさせていただくこともできます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。